小学生のための俳句の作り方

小学生のための俳句の作り方

小学生も宿題で俳句を作らないといけないなんてことがあります。
むつかしいですよね。このページでは小学生のための俳句の作り方を解説(かいせつ)します。

俳句には「切れ(きれ)」という考え方がありますが、小学生のみなさんにはむつかしいと思いますので省略(しょうりゃく)します。

言葉の音が五七五(つまり17音)で季語(きご)が入っていれば完成です。たったそれだけです。
むつかしくありません。

小学生の作った有名な俳句にこういうものがあります。

せんぷうきあああああああおおおおお

扇風機(せんぷうき)は夏の季語ですね。せんぷうきの前で口をあけて「あ~~お~~~」とやったのでしょう。みんな一度はやったことがあるんじゃないでしょうか。これだけで夏の雰囲気(ふんいき)が出ていて素晴らしい俳句です。

しかし、みんながみんなうまくいくとは限(かぎ)りません。ちょっとしたコツを書いておこうと思います。

例えばコタツという冬の季語があります。こういうときは五文字(五の音)にするためにちょっと足(た)してみましょう。

コタツから〇〇〇〇〇〇○

コタツという季語に「から」を足しただけでなにかできそうです。例えば

コタツからでてこなくなるおかあさん

コタツからタンスのようなにおいする

コタツからいちばんさきにでてきたよ

3文字の季語の場合はこんなふうにつなぐ言葉を足してみるだけでかんたんにできるんです。

「コタツまで」「コタツへと」なんでもかまいません。そのさきはてきとうにつないでみてください。できた俳句をあとで見て、「おもしろいな」と思ったら大成功(だいせいこう)です。

小学生向け季語の紹介ページはこちら

小学生向け冬の俳句の作り方 小学生向け春の俳句の作り方

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です